SEO対策を行う場合に重要になってくるのが内部対策と外部対策です。
内部対策によるソースの最適化をすることによって、検索エンジンの検索ロボットが
最初に見る情報であるmetaタグを最適なソースにすることができます。

ペンギンアップデート後からは検索ロボットのアルゴリズムによる判断基準の性能が良くなっているため、
不適切と判断されてしまうとペナルティーを受けてしまったり、下位表示になってしまう事が多くなります。

SEO対策ではmetaタグだけでなく、ストロングタグやh1タグなどのソースも最適化をして
検索ロボットに適切なサイトとアピールできる効果があります。

SEO対策を請け負っている業者で依頼することができます。

次のseo対策について

c by minna