SEO対策には色々なものがありますが、その中のひとつに文字数があります。
検索エンジンは1ページの中に含まれる文字数を数えることで、サイトの情報量を判断しています。

しかし、SEO対策で最も良い文字の数というものはないのです。
少なくても多くても、質が良くなければ意味がなくなってしまうためです。

但し、文字の数が多い場合、そのページ内に存在するキーワードの数も増えるため、
検索にヒットしやすくなります。文字の数が多い方が有利であることは確かです。

SEO対策で目安とするならば、最低で1ページあたり500文字以上の文字数にするようにしましょう。

但し、文字の数が多くなると、どのような情報を伝えているのかわかりづらくなる事がありますので、注意するようにします。

 

次のseo対策について

c by min