サイトマップ

 

SEO対策に深く影響を及ぼしたペンギンアップデートは、利便性を考えて実施されました。
それにより自作自演の外部リンクや、ストロングタグやh1タグmetaタグなどの過剰な使い方は
ペナルティーを受けてしまう場合もあり、検索結果が下位表示されてしまいます。

それを検索エンジンの検索ロボットが判断していて、その判断基準がペンギンアップデートに盛り込まれています。

SEO対策を行う上では、検索エンジンのアルゴリズムをしっかりと理解をして実行をしなければなりません。
そのためにはホームページやサイトのソースの最適化を行い、
検索ロボットに適切なサイトであるという事をアピールする必要があります。

SEO対策を行っている業者では内部対策も行っている所が多いです。

BACK