適切なSEO対策を実行しないとペナルティーを受けてしまう場合があります。

ペナルティーを受けてしまう条件は色々ありますが、検索結果を上位表示しようとして、
IPアドレスの分散化をせずに同一のIPアドレスから集中的にアクセスがある場合などが挙げられます。

SEO対策を行う時にはIPアドレスを分散化させる必要があります。ホームページの内部対策も実行しないと
ペンギンアップデート以降は検索ロボットの適切なサイトかどうかを判断する
アルゴリズムの性能が上がっているので、過剰なストロングタグや外部リンク、
内部リンクの数が多いと不適切とみなされて下位表示になってしまう事が有ります。

SEO対策業者ではそういった内部対策の最適化も行っています。